ロゴ
HOME>特集>目のクマは治療可能!若々しい見た目を取り戻そう

目のクマは治療可能!若々しい見た目を取り戻そう

女性

目のクマができる原因

目のクマができる原因は大きく分けると目元の血行不良・皮膚の色素沈着・皮膚のたるみと3つに分類されます。睡眠不足になるとクマができるというイメージがありますが、このタイプは血行不良が原因で起こるのが特徴です。目元の皮膚は他の部位と比べると薄いため、血行が悪くなると皮膚を透けて流が悪くなった血液が見えるため、青っぽいクマになります。皮膚の色素沈着は茶色っぽいクマになるのが特徴で、目の下を擦るクセがある人やメイク成分が残ったままだと、できやすいようです。目の下の皮膚がたるむとその下に影ができ、それがクマのように見えるのが俗に言われる黒クマで、加齢によって起こりやすくなります。目のクマがあると疲れた印象や老けて見られてしまいますが、茶クマと黒クマは治療で改善することが可能です。

鏡と女性

目のクマの種類によって異なる治療

美容系クリニックの治療で治せる目のクマは、色素沈着型の茶クマと皮膚のたるみで起こる黒クマの2つです。同じ目の下にできるクマですが施術法は異なるので、茶クマと黒クマはどのようにして治すのかチェックしてみましょう。茶クマは目の下にメラニン色素が沈着してできるタイプのクマなので、メラニン色素に効くレーザーでの施術が効果的です。レーザーを茶クマ部分に照射すると、レーザーの熱でメラニン色素自体が破壊され、色素沈着を薄くするというメカニズムとなっています。皮膚のたるみで起こる黒クマはアンチエイジング術で治すのが一般的で、プチ整形であればヒアルロン酸注射などが用いられます。たるみが脂肪によってできている場合は、ハムラ法や裏ハムラ法といった脂肪を除去する美容整形で黒クマは治療するのが一般的です。